Loading..
LINE
bikiの使い方 🚴

bikiの使い方 🚴

2019/10/02
ホノルルシェアバイクサービス"biki"の使い方&交通ルールをご案内します🚴

STEP1. bikiカードを購入しよう💳

STEP1. bikiカードを購入しよう💳
まずbikiカードを購入しましょう💳
プランは“60分のライトプラン”と“200分のたっぷりプラン”の計2種類。WEBまたは空港カウンターにてお求めいただけます。
詳細へGo!🚴>>
 

STEP2.アクティベーションをしよう💡

サービスを利用するには、アクティベーション(ユーザー登録)が必要です。下記の手順に沿って手続きを完了させましょう。

1. カード裏面のQRコードを読み取る
2. LINE@トーク画面を立ち上げ、左下「アクティベーション」ボタンをタップする
3. 必要事項を入力し、「登録」ボタンをタップする
4. アクティベーション完了
 

STEP3.いよいよbikiデビュー!🚴

STEP3.いよいよbikiデビュー!🚴
STEP3.いよいよbikiデビュー!🚴
アクティベーションできたら、いよいよbikiタイム♪ステーションを見つけたら、好きな自転車を一つ選びましょう。前輪横のカードリーダーにカードをスライドさせて、緑色のランプが点灯したら利用開始の合図です。

全bikiステーション搭載!ARナビゲーションアプリPinnAR(ピナー)を使うと、現在地&目的地周辺のbikiステーションの場所がひとめで分かります。
詳細へGO!🚴>>
 

STEP4.利用中は、交通ルールを守って安全に走行しよう🚴

日本では歩行者の延長で利用してしまうことの多い自転車ですが、本来は軽車両であり、ハワイでは「アメリカの自動車と同じもの」が適用されます🚙必ず交通規則を遵守して走行しましょう。

-主な交通ルール-
1. 歩道での走行は禁止です
2. 飲酒運転はNG!「犯罪」として扱われます
3. 右側通行で、車の右側を走りましょう
4. 信号が「赤」でも右折は「進め」です
5. 手信号を使用しましょう
 

STEP5.使い終わったら都度返却しよう🚴

STEP5.使い終わったら都度返却しよう🚴
STEP5.使い終わったら都度返却しよう🚴
bikiには鍵がついていません。また、利用時間も1秒ごとのカウントになるので、停車中もお金がかかってしまいます。お店に入るときには店先に停車せず、都度必ずステーションに返却しましょう。

-返却手順-
1. ドッグが空いているbikiステーションを見つけます。
2. 自転車をドックに差し込み、カードリーダー横のランプを確認します。
3. 緑色のランプが点灯したら返却完了!

※注意※
返したつもりでも、緑色のランプが点灯していない時は正しく返却されていません。タイマーは動いたままで請求の対象となる他、万が一盗難された場合は弁償代金を支払う義務が生じます。返却時には必ず緑色のランプが点灯したことを確認してから離れましょう。
 

トラブル発生!困った時には―

トラブル発生!困った時には―
安心の日本語24時間サポートデスクをご用意しております。下記のWEBサイトよりFAQもご覧いただけます。

詳細を見る🚴>>